マムシの効果効能とは?

マムシゼファルリンに配合されている「マムシ」とは、日本各地の草むらなどの湿地帯に住んでいます。見たことがある人も多いのではないでしょうか。

そのマムシの中でも特に体が赤い種類を赤マムシと言って、特に効果効能が高いと言われているのです。このマムシの皮と内臓を取り除いて乾燥させたものを「反鼻(ハンピ)」と言います。そして胆嚢を乾燥したものは蛇胆(じゃたん)と呼ばれています。

赤マムシは昔から滋養強壮に効くと言われてきました。また漢方でもお酒に漬けて、強壮・解毒効果を持つものとして利用されています。よく赤マムシドリンクとか売られているのを見かけますからね。 「マムシの効果効能とは?」の続きを読む…